小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ

子育ては楽しい反面どうしたらいいか悩むときが多いです。そんな時に少しでも心が軽くなったらなーと思い立ち上げたブログです

小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ
LINEで送る
Pocket

インフルエンザワクチン妊婦用って何?費用や副作用が知りたい!

2017年02月01日
LINEで送る
Pocket

こちらにもまとめています。⇨妊娠中インフルエンザにかかったら?お腹の赤ちゃんは大丈夫?

おすすめ記事⇨妊娠中はお寿司は食べていいの?食べるのに注意な食材は?

妊娠中に最適な飲み物はお茶?それともお水?コーヒーは飲んでいいの?

 

インフルエンザにかからないために予防接種を受けると思いますが

 

最近よくママ友から「妊婦用のワクチンがあるって本当?」と聞かれます。

 

一般のインフルエンザ予防接種は、胎児に影響はほとんどないとされていますが

 

インフルエンザワクチンには水銀由来の防腐剤が使われているものが多く

 

それは聞いた妊婦さんが「水銀て大丈夫?」と不安になるため

 

防腐剤を使っていない無添加のインフルエンザワクチンが存在していて

 

これを妊婦用のインフルエンザワクチンとよぶのです。




インフルエンザワクチン妊婦用って何?費用や副作用が知りたい!

 

その1:インフルエンザ予防接種妊婦への副作用は?

 

妊婦は、インフルエンザの予防接種を受けることに対する危険性よりも

 

インフルエンザにかかってしまった時の危険性の方が

 

注意しなければいけないと言われています。

 

詳しくはこの記事に書いています⇨妊娠中インフルエンザにかかったら?お腹の赤ちゃんは大丈夫?




 

インフルエンザワクチン妊婦用って何?費用や副作用が知りたい!


その2:インフルエンザ予防接種で妊婦にかかる費用は?

インフルエンザの予防接種の費用の目安は以下の通りです。

○防腐剤不使用ワクチン・・・4000円〜5000円
○一般のワクチン・・・3000円〜4000円

 

ちなみにインフルエンザ予防接種の費用は、2015年からほとんどの

病院で300円〜500円ほど値上げされています。

 

これは、ワクチンの種類が変わるためで、

今までのワクチン3価ワクチン(A型2種類とB型1種類)だったのですが

近年を3種類では様々な種類があるインフルエンザに対処しきれないということで

4価ワクチン(A型2種類とB型2種類)となりました。

そのため、値上げされたのです。

 

 

高いですよね。私の時は4500円でした。

会計の時にその値段を聞いてびっくりしたのを覚えています。

こんな感じ笑

自治体によっては妊婦さんのインフルエンザの予防接種費用の

助成制度があるところもありますので

事前にお住まいの市役所などにご確認しておくことをお勧めいたします。

 

インフルエンザワクチン妊婦用って何?費用や副作用が知りたい!

 

その3:インフルエンザ予防接種は周りの家族も接種しましょう。

 

インフルエンザの予防接種は、妊婦だけでなく家族も必ず受けるようにしましょう。

 

インフルエンザは、家族間が一番感染しやすいです。

 

予防接種は、絶対にインフルエンザにかからないというものではありません。

 

なので予防で基本な手洗い、うがい、マスクは必要です。

 

また部屋の温度と湿度が低いとウイルスが活発になりやすいので

 

温度は20度前後、湿度は55〜60%を保つと良いでしょう。




まとめ

 

・妊婦は予防接種の副作用よりもインフルエンザになった時の
重症化の方が危険である

 

・インフルエンザの予防接種は赤ちゃんに影響がないとされている。

 

・インフルエンザの予防接種には、防腐剤なしのワクチンがある。

 

・費用は4000円〜5000円かかる

 

・妊婦だけではなく家族全員が予防接種を受けれるようにして、

おなかの中の大事な赤ちゃんをみんなで守るようにしましょう。

 

他にもこんな記事を書いています
妊娠中インフルエンザにかかったら?お腹の赤ちゃんは大丈夫?

おすすめ記事⇨妊娠中はお寿司は食べていいの?食べるのに注意な食材は?

妊娠中に最適な飲み物はお茶?それともお水?コーヒーは飲んでいいの?

 

知らない不安を解消できれば幸いです。
記事を読んで参考になれば、
日本ブログ村をポチッと押して下さい。

また教えて欲しい事などがあれば、
コメントで頂けるとお答えさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました

LINEで送る
Pocket