小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ

子育ては楽しい反面どうしたらいいか悩むときが多いです。そんな時に少しでも心が軽くなったらなーと思い立ち上げたブログです

小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ
LINEで送る
Pocket

妊娠悪阻の症状とは?重症だと点滴や入院が必要?保険はきくの?

2017年01月31日
LINEで送る
Pocket

妊娠悪阻の症状とは?重症だと点滴や入院が必要?保険はきくの?

 

妊娠中につわりで悩んでいる人は多いですよね。

つわりでお困りの方は

こちらの記事を参考にして下さい。

 

つわりはいつまで続くの?どこがピーク?対処法はあるの?

 

妊娠中というのは、本当に分からない事だらけです。

妊娠悪阻もその1つですよね。

 

私も4人の妊娠中、

妊娠悪阻まではいかなかったのですが

本当に何も食べることができなくて

家のことも何もできないし、

入院させてくれないかなと思ったことが何度もありました。

 

それぐらいつわりって精神的にくるんですね。

 

という事で今回は、

普通のつわりと妊娠悪阻の違いについて書いていこうと思います。



 

妊娠悪阻の症状とは?重症だと点滴や入院が必要?保険はきくの?

その1:妊娠悪阻とは?症状は?

つわりは、妊娠5週頃〜16週頃の

妊娠初期の間に見られる生理現象で、

おもに吐き気や胃のむかつきなどが症状として現れます。

 

船酔いのような感じですね。

 

このつわりが重症化し、

病院での治療が必要になった状態を『妊娠悪阻』と呼びます。

 

つわりの発症頻度が

妊婦全体の約50〜80%なのに対して、

妊娠悪阻は約1〜5%といわれています。

 

症状ですが第3期まであります。

どこで病院へ言うべきなのかお伝えしますね。

 

第1期

何度も嘔吐を繰り返す、

あるいは食べ物をほとんど食べられない

といった症状が見られます。

 

もう吐くことができないのに嘔気が出る。

そして胃液まで吐いてしまう。

 

脱水症状による口の渇き、だるさ、めまい、

便秘などが起こりやすくなり、

体重が減少し始めます。

 

第2期

飢餓状態が続き、

体内の脂肪がエネルギーとして分解されるので、

その残りとして体内のケトン体が増加し、

尿中にもケトン体が現れます。

 

また、尿蛋白も出て、

代謝異常による中毒症状などが見られます。

 

第3期

めまい・幻覚・幻聴などの脳神経症状が現れ、

肝臓や腎臓にも機能障害が見られます。

 

脱水症状や飢餓状態による意識障害などを起こし、

母体も命の危険にさらされます。

 

妊娠継続が難しくなり、母体を守るために

人工妊娠中絶を行わなければならないケースもあります。

 

また、この場合胎児が重症な先天異常の場合もあります。

第2期〜第3期になる前に

早めの受診をするのをお勧めします。

 

症状の目安は

「1日に何度も嘔吐している」

「水すら飲めない」

「体重が急激に減少している」

「トイレの回数が極端に減った」

「立ちくらみがする」といった症状です。

 




妊娠悪阻の症状とは?重症だと点滴や入院が必要?保険はきくの?

その2:妊娠悪阻の治療法は?重症だと入院や点滴が必要?

 

軽い場合の妊娠悪阻は

食事療法で対処することもできますが、

一般的にはブドウ糖の輸液を点滴して

体に必要な水分と栄養素を補給し、

脱水症状と飢餓状態を改善させていきます。

 

あまりにも症状がひどければ

嘔吐を抑える薬などを服用することもありますが

妊娠初期の場合は、胎児への影響も考えて輸液のみで対処します。

 

また、上の子供の世話をしていたママでしたら入院して少し離れて

一人になるのもかなりの軽減になったりします。

 

つわりがひどいからといって

子育てはストップできませんから。

 

 

妊娠悪阻の症状とは?重症だと点滴や入院が必要?保険はきくの?

その3:妊娠悪阻で入院した場合保険はきくの?

 

治療はすべて健康保険が適用されます。

 

入院が長引いて高額になった場合は、

限度額適用認定証をもらっていると、

窓口で支払う負担が減りますよ。

 

窓口で全額支払った場合でも、

後から申請することで返ってきたりもします。

 

医療保険も基本的には適用されます。

 

この場合、妊娠悪阻という病名がついた医師の診断書が

必要になりますので担当の医師に書いてもらいましょう。



まとめ

 

・つわりは妊婦の9割に出てくるので

うまく付き合っていくしかない。

 

・つわりを超えた妊娠悪阻の症状が出ている場合は

すぐにかかりつけの病院に行くこと。

 

・どうしても入院できない時は、

点滴だけでも症状が軽くなったりするので

病院に行ったほうがいい。

 

・妊娠悪阻は保険適用

 

 

みなさんいかがだったでしょうか?

 

つわりでお困りの方には、

こちらの記事もよく読まれています。

 

つわりはいつまで続くの?どこがピーク?対処法はあるの?

 

知らない不安を解消できれば幸いです。

記事を読んで参考になれば、

日本ブログ村をポチッと押して下さい。

 

また教えて欲しい事などがあれば、

コメントで頂けるとお答えさせて頂きます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

LINEで送る
Pocket