小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ

子育ては楽しい反面どうしたらいいか悩むときが多いです。そんな時に少しでも心が軽くなったらなーと思い立ち上げたブログです

小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ
LINEで送る
Pocket

妊娠線はいつから予防が必要?またクリームとオイルどっちがいいの?

2017年02月16日 [ 妊娠線、妊娠、妊婦、育児 ]
LINEで送る
Pocket

こちらの記事もおすすめ

妊娠週数の数え方は?妊娠周期を知っていると絶対得するメリット3つ

妊婦に大人気!妊娠中に絶対に役立つおすすめアプリベスト10

妊娠してお腹が大きくなっていくと

 

妊娠線ができてくると言われますよね。

 

 

痒そうですよね。

 

私は4人の子供を持つママですが

 

実は私には妊娠線がありません。

 

理由はよくわかりませんが

 

おなかがあまり大きくならなかったからかなと思います。

 

今回は私もとても疑問だった妊娠線について

 

書いていきたいと思います。




 

妊娠線はいつから予防が必要?またクリームとオイルどっちがいいの?

 

その1:妊娠線とは何なの?

 

妊娠線とは、お腹やバスト、太もも

 

お尻、二の腕などの真皮や皮下組織の一部が

 

弾力性がないために断裂してしまうことで作られます。

 

妊娠5〜7ヶ月のお腹が大きくなり始める頃から

 

できやすくなります。

 

私のように全くできない人もいれば

 

一本だけできる人や十数本以上現れるという人もいます。

 

妊娠線は1度できてしまうと、出産した後も

 

消えないと言われているので、できないように

 

予防が必要になってきます。

 

妊娠線はいつから予防が必要?またクリームとオイルどっちがいいの?

 

その2:妊娠線はいつから予防したらいいの?

 

妊娠線は、真皮や皮下組織の一部が

 

弾力性がないために断裂してしまうことで作られるので

 

肌に十分の潤いを与えて、柔らかい状態にし

 

弾力性を高めることが大切です。

 

それには「保湿ケア」の徹底が重要になってきます。

 

なのでよく保湿クリームやオイルが売ってありますが

 

どのような留意点があるのでしょうか?

 

【1】妊娠線ケア専用のものを使うと良い。

 

これよく言われたので

 

私も高いのを買ってつけていましたが

 

めんどくさくて1週間ぐらいでやめました。

 

特に保湿って感じもしなかったので。

 

高いのじゃなくていいと思います。

 

安くても、こまめに塗って乾燥させないのが

 

一番効果的ですよ。

 

 

【2】妊娠線予防はいつから?5ヶ月目が1つの目安。

 

いつから始めるのか?その時期については

 

いろいろと意見があるようですが

 

妊娠5ヶ月目くらいを目安にしている人が多いみたいです。

 

妊娠初期の段階で始めるのがいいといえばいいですが・・・。

 

上の子供が手がかかるようだと、クリームを塗ることすら

 

忘れてしまいます。

 

【3】お腹以外の場所もしっかりケアする!

妊娠線と言えば「お腹」にできるものと思いがちですが

 

バストや太ももやお尻などにもできやすいです。

 

なので、お腹を重点的に、他の場所もしっかりケアしましょう。



妊娠線はいつから予防が必要?またクリームとオイルどっちがいいの?

 

その3:妊娠線予防にはクリームかオイルかどっちなの?

 

 

これは油分が関係するらしく、圧倒的にオイルが効くそうです。

 

 

ただし、オイルってベタベタしますよね。

 

あちこちベタベタになるのが嫌で私は無理でした。

 

クリームでもべたつかないサラサラしたものがよかったですね。

 

 

これは好みだと思います。

妊娠線はいつから予防が必要?またクリームとオイルどっちがいいの?

 

その4:妊娠線は経産婦に80%できる?

 

 

全ての妊婦さんのうち、50〜60%に

 

 

妊娠線がでるのに対して

 

 

二人目以降の妊娠である「経産婦さん」に限定すると

 

 

妊娠線のあらわれる確率が

 

 

なんと80%に跳ね上がります。

 

 

これはなぜかというと

 

一人目の出産時に妊娠線ができなかったため

油断してしまうのだそうです。

 

 

そして、妊娠線ができてしまうもう一つの原因が

 

 

体重の管理です。

 

 

最初の子供の時は、太らないように気をつけるものの、

 

 

2人目はなんだか気が抜けてしまって

 

 

そこまで体重管理をする人が少なくなるそうです。

 

 

そうなると体重は一気に増加してしまい

 

 

皮膚が急激に伸びてしまうことによって

 

 

妊娠線ができてしまう。

 

 

日々のこまめな努力が必要だということですね。



 

まとめ

 

・妊娠線は、真皮や皮下組織の一部が

弾力性がないために断裂してしまうことで作られる。

 

・妊娠線予防は、お腹が大きくなり始める5ヶ月ぐらいから

本格的にし始める方がいい。

 

(できるなら妊娠した時から)

 

・妊娠線は、お腹だけではなく、お尻や

 

太ももなんかにもできる。

 

・妊娠線予防には、オイルがいいが
 ベトベトしたりするのでクリームでもいい。
 自分の好みのクリームをこまめに塗るのが1番効果的。

知らない不安を解消できれば幸いです。

記事を読んで参考になれば、

日本ブログ村をポチッと押して下さい。

また教えて欲しい事などがあれば、

コメントで頂けるとお答えさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

おすすめ記事

妊娠週数の数え方は?妊娠周期を知っていると絶対得するメリット3つ

妊婦に大人気!妊娠中に絶対に役立つおすすめアプリベスト10

LINEで送る
Pocket