小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ

子育ては楽しい反面どうしたらいいか悩むときが多いです。そんな時に少しでも心が軽くなったらなーと思い立ち上げたブログです

小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ
LINEで送る
Pocket

新生児の紙おむつはどこがいい?各メーカーを徹底検証!

2017年03月08日 [ オムツ、育児、赤ちゃん ]
LINEで送る
Pocket

赤ちゃんが生まれて最初は

 

オムツってこんなにいるのって

 

びっくりしたことを覚えています。

 

私は4人の子供を持つママですが、

 

子供が生まれるたびに、オムツの性質が

 

変わって便利になっているのには本当にメーカーさんの

 

企業努力だなーと思います。

 

使ってきた中で

 

これは本当に良かったよ。というのを

 

書いていきたいと思います。



新生児の紙おむつはどこがいい?各メーカーを徹底検証!

 

その1:オムツを選ぶときの基準は?

 

赤ちゃんに対して優しい品質も重要ですが

 

 

それを使い続ける為の価格にも気を配らなければなりません。

 

 

普通に使っていれば1年間5〜6万円近い出費

 

 

なるわけですから、より良いものを選んで

 

 

定期購入やまとめ買いなどでコストを削る必要もあるでしょう。

 

 

 

新生児の紙おむつはどこがいい?各メーカーを徹底検証!

その2:おもつ選びはどこを見て選んだらいいの?

 

おむつ選びにおいて重要なのは

 

通気性・吸収性・利便性・経済性」の4つです。

 

・まず通気性に優れているメーカーはメリーズでした。

 

通気性というのは、蒸れたりかぶれたりしにくい事に

 

繋がります。

 

おしっこをした赤ちゃんのおむつの中は

 

湿度が高くなっているので

 

デリケートで敏感な赤ちゃんのお尻は

 

すぐにふやけてしまいます。

 

通気性の悪いおむつを選んでしまうとお尻が

 

かぶれやすくなってしまうため注意が必要です。

 

・吸収性の優れたメーカーは、ムーニーです。

 

なかなか一回ごとにおむつを替えるのは難しく

 

ちょっと目を離した隙に漏れてしまうこともあります。

 

吸収しきれず部屋中が・・・

 

なんてことにもなりかねません。

 

そのため複数回にわたってしっかりと

 

吸収してくれる性能はおむつ選びの重要なポイントですよ。

 

 

・おむつの利便性で選ぶならパンパースがおすすめ。

 

一年間でおむつ替えは平均6000回ともいわれています

 

ということは使い勝手の悪いおむつを選んでしまえば

 

6000回もストレスがたまる事に。

 

まあ、その前にメーカーを変えるでしょうが・・・

 

おむつ交換の目安を教えてくれるおしっこサインや

 

ササッと変えられる太めのテープなど

 

おむつの利便性はけっこう大切です。

 

全国約7割の産院で使われているパンパースは

 

使い勝手の良さで考えるとダンントツです。

 

ポイントが集められてパンパースのおもちゃと

 

変えてくれるのもなんだか楽しいですよね。

 

また薄さも絶妙だと思います。

 

外出時にはオムツはたくさん持っていくので

 

結構かさばります。

 

パンパースは1枚1枚が薄っぺらいので

 

あまりかさばりませんよ。

 

 

 

おむつの経済性で選ぶならマミーポコがおすすめ。

 

できればおむつは安く抑えたい

 

でも品質の良くないおむつを選ぶのは嫌ですよね。

 

紙おむつのパイオニアであるパンパースは昔から高価な部類ですし

 

安いからといって雑な作りのおむつは使えません。

 

そこで多くのママたちから支持を集めているのはマミーポコ。

 

たくさん入っていて安いです。

 

またディズニーなのが可愛いですね。

 

季節によってキャラが変わるのもディズニーファンには

 

たまらないところです。



新生児の紙おむつはどこがいい?各メーカーを徹底検証!

 

その3:オムツで失敗しないコツとは?

 

・まずは少量パックで買う

 

ベビー用品点や薬局などの場合、大抵は安くて

 

大量に入ったおむつパックが販売されていますが

 

これを買って赤ちゃんに合わなければ大量に余ってしまう

 

ことになるので

 

初めてのブランドを試してみる場合は

 

インターネット通販で一番少量のおむつパックを

 

買うのがおすすめです。

 

 

・新生児のオムツはまとめて買わない

 

新生児はすぐにサイズが合わなくなってしまいます。

 

なので最初になん箱も買っておくのは

 

やめたほうがいいでしょう。

 

まとめ買いしていいのは

 

我が家の経験から言うとLサイズの

 

パンツぐらいでした。

 

どうしても箱買いしたい場合は、オムツの

 

サイズが切り替わった時ぐらいだと思います。

 

新生児は肌がデリケートですから

 

無理なサイズを履かせるとすぐに肌が荒れてしまうので

 

気をつけましょう。

 

・ねんねの時期はコストよりも品質重視が良い

 

新生児の赤ちゃんは抵抗力が弱い上に

 

おむつ替えの頻度も多い!ということは

 

おむつから受ける影響もそれだけ多いということです。

 

新生児の期間は多少コストがかかっても

 

品質や相性重視でおむつを選ぶのが大切です。

 



まとめ

 

いくつか紹介してきましたが、

 

赤ちゃんの体型や肌の感じなどによっても

 

オムツが合う、合わないということがあります。

 

少量から試してみて、赤ちゃんに

 

ぴったりなオムツを選んであげましょう。

 

知らない不安を解消できれば幸いです。

記事を読んで参考になれば、

日本ブログ村をポチッと押して下さい。

また教えて欲しい事などがあれば、

コメントで頂けるとお答えさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

LINEで送る
Pocket