小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ

子育ては楽しい反面どうしたらいいか悩むときが多いです。そんな時に少しでも心が軽くなったらなーと思い立ち上げたブログです

小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ
LINEで送る
Pocket

四種混合ワクチンを受ける間隔はどのようなもの?副反応はあるの?

2017年04月21日 [ 四種混合ワクチン、四種混合ワクチン、子育て、予防接種、赤ちゃん ]
LINEで送る
Pocket

関連記事

おたふく風邪の予防接種はいつ受けたらいいの?1回なってももう一度かかる?

B型肝炎ワクチンは必要?大人も受けた方がいい?受けるのに費用はいくらかかるの?

MRワクチンの接種間隔は?また大人は接種するべき?

ポリオの予防接種。生ワクチンと不活化ワクチンは何が違うの?

4種混合ワクチンをご存知でしょうか。

 

子育てをするお母さんなら聞いたことがあると思いますが
赤ちゃんが受ける予防接種の1つです。

 

名前から、何か混合されたワクチンだろう、、と想像できますが
子供に接種させる以上、どうせなら
何の病気を予防できるのか知っておきたいものです。

 

我が家の一番下の子供(5歳ですが)

 

この子の時にはまだなかった予防接種の一つです。

 

新しくてついていけないと言うママ友も

 

結構いたので今回は

 

 

4人の子育てママとして、またナースとして

 

 

書いていこうと思います。




 

四種混合ワクチンを受ける間隔はどのようなもの?副反応はあるの?

 

その1:四種混合ワクチンとはそもそも何の予防接種?

四種混合ワクチンは、予防接種法に基づく定期接種の対象となっています。

 

ですから定められた期間内であれば、各市区町村で

 

無料で受けることができます。

 

そして、以下の4種類の病気を予防することを目的にしています。

 

◆ジフテリア

 

 

ジフテリアとは、簡単に言うと喉が狭くなり呼吸が苦しくなる病気です。

 

上気道感染症と呼ばれており、

 

喉の痛みや倦怠感という症状があります。

 

厚生労働省によると、ジフテリアを発症した場合

 

10%程度の人が命を落とすと言われています。

 

しかし、ワクチンを接種することでこれを予防することができます。

 

◆百日咳

百日咳は、100日近く咳が続く病気として知られています。
実際には4週〜6週にかけてひどい咳が続き

 

その後約3週間をかけて回復していくと言われています。
百日咳菌という菌に感染して起きるのですが

 

それが肺全体に広がると肺炎を起こし、

 

命の危険もあります。

 

また、後遺症を残す場合もあります。

 

◆破傷風

 

破傷風は、土の中に生息している破傷風菌が

 

傷口から侵入して起きる感染症です。

 

筋肉が硬直する病気で、怪我(傷口)が原因になる。

 

こちらも最悪の場合命の危険がありますが

 

ワクチンを接種することによって
感染をほぼ防ぐことができます。

 

◆ポリオ

ポリオとは、ポリオウイルスが口から取り込まれて

 

起こる病気で、下痢のような症状が現れます。
しかし、ウイルスが脊髄の一部に侵入して

 

手足の麻痺を引き起こす可能性もあります。

 

四種混合ワクチンを受ける間隔はどのようなもの?副反応はあるの?

その2:四種混合ワクチンはいつ接種するの?

生後3ヶ月から90ヶ月(7歳6ヶ月)までに4回

 

標準のスケジュールとしては

 

生後3ヶ月〜1歳の間に
それぞれ3〜8週間の間隔をあけて、3回接種を行います。

 

そして3回目の接種から6ヶ月以上の間隔をあけ
生後12〜18ヶ月の間に追加分で4回目を接種します。

 

四種混合ワクチンとは別のワクチンを接種するまでに空ける期間では

 

6日以上です。

 

もちろん、できるだけ接種間隔を守ることが推奨されていますが
もし、風邪を引いたなどの理由で予定通りできずに間隔があいてしまっても
規定されている回数を優先して守るようにしてください。

 

 

また、四種混合の4回の予防接種が終わった後は

 

破傷風とジフテリアの混合ワクチン(2種混合)を
11〜12歳の間に受ける必要があります。

 

回数が多くて混乱してしまいそうですが

 

しっかり母子手帳を見て把握しておきましょう。



 

四種混合ワクチンを受ける間隔はどのようなもの?副反応はあるの?

 

その3:四種混合ワクチンの副作用あるの?どんな症状?

 

注射部位が赤くなったり、腫れたり、痛み、しこりなどが挙げられます。
発熱や不機嫌などの全身の副作用もありますが

 

だいたいは2〜3日で消えると言われています。

 

もしそれ以上続く場合や、けいれんなどの症状が起きた場合は

 

すぐに病院を受診するようにしましょう。



 

まとめ

子供の予防接種はとにかく回数や種類が多くて大変です。
スケジュールを組むのが難しい時や

 

忘れてしまうこともあるかもしれません。
そんな時はひとりで考え込まず

 

周りの人やかかりつけの小児科に相談するようにして
赤ちゃんの健康を守るためにも
既定の回数をきちんと受けさせるようにしましょう。

 

 

知らない不安を解消できれば幸いです。

 

 

記事を読んで参考になれば、

 

日本ブログ村をポチッと押して下さい。

 

また教えて欲しい事などがあれば、

 

コメントで頂けるとお答えさせて頂きます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

関連記事

おたふく風邪の予防接種はいつ受けたらいいの?1回なってももう一度かかる?

B型肝炎ワクチンは必要?大人も受けた方がいい?受けるのに費用はいくらかかるの?

MRワクチンの接種間隔は?また大人は接種するべき?

ポリオの予防接種。生ワクチンと不活化ワクチンは何が違うの?

LINEで送る
Pocket