小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ

子育ては楽しい反面どうしたらいいか悩むときが多いです。そんな時に少しでも心が軽くなったらなーと思い立ち上げたブログです

小児科ナース&4人のママが教える子育てブログ
LINEで送る
Pocket

プール熱の原因・症状は?いつから登校することができるの?

2017年03月19日 [ プール熱、子供、育児 ]
LINEで送る
Pocket

ナースおすすめ!赤ちゃんのしつこい鼻吸引には自動吸引器が1番。

赤ちゃんの突発性発疹はうつるの?保育園はいつからいける?

子供が高熱でも慌てない。病院に行くべき判断基準は?

赤ちゃんって花粉症になるの?薬を使って治療できる?

 

子供のプールが始まってしばらく経つと

 

高熱でおやすをする子供が増えたりします。

 

夏風邪かなと思ったら喉の痛みが・・・

 

というのは結構あります。

 

私は4人の子供のママですが

 

毎回のように子供たち1人がかかると

 

兄弟でかかってしまうという現象。

 

なんとかしてほしいものです。

 

今回はよく流行るプール熱について

 

ナースとしての見解も踏まえ書いていこうと思います。

 

 




プール熱の原因・症状は?いつから登校することができるの?

その1:プール熱ってどんな病気?その原因は?

プール熱は、「咽頭結膜熱」といい、

 

プールを介して感染しやすいため

 

「プール熱」と呼ばれるようになりました。

 

しかしプールだけが感染源ではなく

 

いわゆる風邪と同じ飛沫感染や接触感染なので

 

保育園や幼稚園、学校、老人施設など集団が

 

集まる環境で流行しやすい病気です。

 

集団感染になりやすい原因は

 

プールの時のタオルの使い回しだとも

 

言われています。

 

 

原因となる病原体は、アデノウイルスです。

 

流行し始めるのは6月頃からで、プールの利用が多くなる

 

7月から8月にかけてピークを迎えます。

 

しかし、最近は冬でも見られたりします。

 

 

プール熱の原因・症状は?いつから登校することができるの?

その2:プール熱に感染した時の症状は?

症状は

・発熱
・咽頭炎
・結膜炎

39~40℃の高熱。

 

この高熱が3~7日と長く続きます。

 

 

熱が下がりにくいのが、特徴です。

 

 

さらにのどの痛み(咽頭炎)があり
目の痛みやかゆみ(結膜炎)がでます。
目やにが出て、まぶしくなったり

 

涙が止まらなくなったりします。

 

気をつけなければならないのが合併症です。

 

どんな合併症が起こるのか、見ていきましょう。

 

半数がかかると言われている、中耳炎

 

 

中耳に炎症が起こり、耳痛や耳だれ、発熱が起こります。

 

そして、

 

胃腸炎

 

急性下痢症

 

出血性膀胱炎
(頻尿、排尿困難、血尿が1~2週間続くこともあります。)



プール熱の原因・症状は?いつから登校することができるの?

その3:プール熱の潜伏期間はどのぐらい?

 

潜伏期間は5~7日です。

 

症状がなくなり、元気になったとしても
便にも菌は潜んでいるので

 

2週間くらいは油断禁物です。

 

 

プール熱は学校保健法では、第2種伝染病に指定されています

 

学校や、保育園に行くことができる目安は

 

 

熱が下がり、喉の痛みもとれて

 

 

食事も含めて普通の生活に戻ったら登園登校可能ですが

 

 

それが大体主要症状が消退したあと2日を経過した頃

 

 

ということです。

 

 

 

プール熱の原因・症状は?いつから登校することができるの?

 

その4:プール熱の治療法はあるの?

 

プール熱の症状は1週間から10日くらい続きますが

 

特効薬はなく、自然に治ることがほとんどです。

 

そのため、熱が高ければ解熱剤

 

目の症状に対しては点眼剤など

 

症状をやわらげるための対症療法が行われます。

 

喉の痛みが強く、水分補給や食事ができない場合には

 

脱水症状を起こさないように点滴などの処置が必要です。

 

プール熱にかからないようにするには?

 

プール熱の原因、アデノウィルスは菌が殻につつまれていないために、

 

せっけんと流水での手洗いが一番有効になります。

プールのあとは必ず、

・せっけんと流水での手洗い
・目も洗いましょう。
・しっかりとうがいもしましょう。

 




まとめ

・プール熱は38度から40度の高熱が出て

なかなか引かない。

他の症状として咽頭炎や結膜炎がある。

 

・プール熱の潜伏期間は、5日から7日である。

 

・プール熱には特効薬がなく、

 

対症療法しかない。

 

・感染予防にはうがい・手洗いが大事になってくる。

 

知らない不安を解消できれば幸いです。

記事を読んで参考になれば、

日本ブログ村をポチッと押して下さい。

また教えて欲しい事などがあれば、

コメントで頂けるとお答えさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

ナースおすすめ!赤ちゃんのしつこい鼻吸引には自動吸引器が1番。

赤ちゃんの突発性発疹はうつるの?保育園はいつからいける?

子供が高熱でも慌てない。病院に行くべき判断基準は?

赤ちゃんって花粉症になるの?薬を使って治療できる?

LINEで送る
Pocket